CONTENTS

  • 英語発音セミナー
  • 英語発音セミナー
  • プレゼン講座
  • モテ・コミュニケーション
  • 心と身体の健康講座
  • シニア向け「青春塾」
  • コンサルティングについて
  • プロフィール・理念
  • 会員制度
  • 事務所概要
スケジュール
セミナー開催日程について
スケジュール|詳細
事務所概要

住所:113-0031
東京都文京区根津2-27-2
E-mail:info@hth-c.net

事務所概要|詳細

セミナーに関するお問い合わせ、お申し込み、メディア取材等のご相談もこちらの窓口より。

お申し込み・お問い合わせ


フェイスブック

ブログ小川直樹
6/17 文字には表れない、英語らしさを生み出す発音
文字通りに発音したつもりが何かが違う…そんな人のための講座

   当セミナーの詳細について

日時 6/17(日) 13:30~17:00
講師 小川 直樹(英語音声学者)
場所 交通至便な都内会場
(人数確定後お知らせします。)
定員 上限10名
料金

12,000円(税込)

申込方法
概要
文字には表れない、英語らしさを生み出す発音のコツ

 

スペリング通りに発音しているの
に、英語らしく感じられない。

 

いや、自分は、発音記号通りに発音
してる。でも、英語らしく響かない。

 

そんなあなたの悩みにこたえる講
座です。

 

実は、英語の発音は、日本人が思っ
ている常識とは異なるのです。

 

その常識とは、「文字通りに発音す
ることが、正しい発音、わかりやす
い発音となる」ということ。

 

日本語では、それでいいのです。

 

文字に表現してある通りにしっか
り発音すれば、かなりわかりやすい
発音になるのです。

 

でも、英語は違います。

 

「文字通り」の発音は「わかりにく
い」発音になるのです。

 

だから、英語らしく、しかも通じる
発音にするには、「文字通り」に反
した発音にすることが必要なのです。

 

例えば、Ihave an apple.は「アイ
ハヴ アン アッポー」ではダメな
のです。

 

表記上は、1語ずつ分けて書いてあ
ります。

 

でも、それは英語の読み方ではない
のです。

 

「アェヘァヴァネァーポー」のよう
に、途切れなく発音するのが、通じ
る発音。

 

ちなみに、appleの強勢母音は、日
本人にもよく知られた[ae]という
音です。

 

でも、これとて、米語発音では、日
本人が思っているような長さではな
いのです。

 

もっと、もっとはるかに長いのです。
(日本人の常識的な感覚では、この
長さは再現できません。)

 

実は、このように、文字ではわから
ない、そして、発音記号でもわから
ないような、英語のコツはたくさん
あります。

 

それは、決して特別なものではあり
ません。

 

ネイティブなら、当たり前のように
発しているのです。

 

でも、日本人は知らないし、気づい
ていないのです。

 

この講座では、そういったもので、
とりわけ基本的なものを、取り上げ
ます。

 

・英語発音を学んではいるが、どう
 も日本人発音から脱せない方、
・英語の指導をしている方、
・人前で英語を話す機会の多い方、
お待ちしています。

 

>このページの上部へ戻る